ケイ素鋼コアプレート用の自己接着性接着ワニス
  • ケイ素鋼コアプレート用の自己接着性接着ワニス - 0 ケイ素鋼コアプレート用の自己接着性接着ワニス - 0

ケイ素鋼コアプレート用の自己接着性接着ワニス

中国製のケイ素鋼コアプレート用の自己接着性接着ワニスは、中国のプロの高品質製品メーカーおよび工場であるグリーンから低価格で購入できます。カスタマイズ商品サービスを提供します。価格表と見積もりが必要な場合は、メッセージを残してお問い合わせください。できるだけ早くご連絡いたします。

送信 お問い合わせ

製品説明

ケイ素鋼コアプレート用の自己接着性接着ワニス


製品説明

 

FS7350は、自己接着性の接着ワニスであり、ケイ素鋼のコアプレート用の特殊な絶縁塗料です。エポキシ樹脂、特殊硬化剤、水などからなる水性エポキシ系です。この系は、低臭気、優れた接着強度、高速硬化という独自の特性を備えています。塗料乾燥の第一段階は予備硬化のみであり、完全に乾燥したケイ素鋼コアプレートは、室温で数ヶ月から数年まで保管することができます。

 

特徴


â—ケイ素鋼コアプレート用の接着および絶縁塗料

â—水性エポキシ樹脂ベースのシステム

â— 150-220の温度で5-30分のゲル化時間を提供します℃

 

代表的なアプリケーション

 

マグネットコアシートの乾式接着用。コーティングされたシートまたはパンチングは、熱および圧力の下で一緒に結合することができる。したがって、リベット接合や磁気コアの溶接は不要であり、ラメラ間の損失を低減します。結合されたコアは、最適な熱伝導率を示し、ハムノイズがなく、温度変化時に呼吸しないため、層間腐食が回避されます。

 

 

接着機能に加えて、FS7350はラメラ間断熱材として機能します。大型の機械の場合、接着プロセス用のアクティブコーティングを受けるために、片面を完全に硬化したFS7350でプレコートしてから、Bステージでコーティングを適用することをお勧めします。この手順は、接合プロセス中に鋼の表面の隆起を通過する可能性のある力を打ち消すため、層間の断熱性が向上します。

 


保管所


FS7350は、乾燥した場所で、密閉された元の容器に入れて、10°C〜25°Cの温度で保管する必要があります。これらの保管条件では、保管寿命は製造日から6か月です。製品を直射日光にさらさないでください。30°以上に暖めたり、-15°以下の極端な霜を避けたりする必要があります。

 

パッケージ


1000kg/IBCタンク,20kg/ドラム





ホットタグ: ケイ素鋼コアプレート用の自己接着性接着ワニス、メーカー、サプライヤー、卸売、購入、在庫あり、カスタマイズ、バルク、無料サンプル、中国、安い、割引、低価格、価格、価格表、見積もり、品質、高度な、工場

送信 お問い合わせ

下記のフォームでご質問をお寄せください。. 24時間以内に返信いたします。